スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉤虫症(こうちゅうしょう)

鉤虫症(こうちゅうしょう)|ペットホテル 東京 練馬 ドッグネスト桜台店

鉤虫症(こうちゅうしょう)

   

●病原体
体長2cm程度の寄生虫で、鉤状の歯をもち犬の腸内に寄生し吸血して成長する。

●感染経路
糞便とともに排出された虫卵がふ化して感染子虫となり、感染子虫が餌や食器について口から腸に入って成虫になる(経口感染)
感染子虫が皮膚や毛穴から犬の体内に入ったあと小腸に達し、そこで成虫になる場合もある
(経皮感染)。
また、母親が感染している場合、子虫が乳房から母乳と通して子犬へと感染したり(経乳感染)、あるいは子宮から胎盤と通して子犬に感染する(胎盤感染)。

●症状
小腸に寄生した虫がの小腸の粘膜にかみつき、血を吸って生きているので、犬はひどい貧血、腸炎および栄養不良などの慢性的な不健康状態となる。
生後まもない子犬に感染すると急激に衰弱し、ショック状態となって死亡することもある。

●治療方法
症状が軽いときは、駆虫薬の投与で治療が可能。
症状に応じて、腸炎に対する処置や栄養補給などを行う。
貧血が激しくショック状態にある場合は、輸血などの救急処置を必要とする。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Amazonの人気商品
Amazonのヒット商品

プロフィール

manmarupagu

Author:manmarupagu
東京 練馬のペットホテル ドッグネスト桜台店の紹介。
東京都練馬区栄町17-3
水入ハイランドマンション1F
Tel: 03-6382-5371
受付時間: 10:00-21:00/年中無休

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。